\ 最大10%ポイントアップ! /

【保存版】リア充のSNSの使い方・評判まとめ!

今や多くの人が目にするために、リア充の恰好のアピールの場となっているSNSですが、実は見ている側の反応はあまり良くありません。特に知り合いでもない人の投稿を見ている人であればなおさらです。こちらでは、SNSの種類やリア充の投稿に対しての閲覧者の反応をご紹介します。

目次

SNSの種類

実名で登録するFacebook

まず、日本で有名なSNSの一つがFacebookです。アメリカに拠点をもつMeta Platforms,.Incが運営するもので、そのユーザー数は22億人と世界最大規模を誇っています。利用登録後に友達を追加しながらフォロワーを増やしていき、フォロワーはフォロー中の相手の写真や動画を見ることができます。最大の特徴は、他のSNSと異なり、実名で登録しなくてはならない点です。リアルな付き合いを求める30~40代のユーザー層が多いのは、信頼性を重視する姿勢からでしょう。同じ趣味を持った仲間と情報交換できるグループ機能も利便性が高く、広く活用されています。

写真・動画特化のSNS Instagram(インスタ)

また、Instagram(通称:インスタ)もFacebookと同様に友達との繋がりを作り、写真や動画の投稿でコミュニケーションを取るSNSです。他のSNSよりもビジュアル重視であるが故に、リア充が最もアピールの場として活用しているツールであるといえます。「インスタ映え」する投稿をして「いいね!」の数を稼ぐことに充実感を得られるリア充や、「インスタグラマー」として活躍し収入を得ている人達がいます。Facebookとは異なり、匿名で登録できるため、気軽に投稿することができます。企業もFacebookやインスタを宣伝媒体として利用していることが多く、ターゲット層に届くような最新情報を音楽や楽しい映像を交えて発信しています。

ショート動画のTikTok(ティックトック)

さらに、TikTok(ティックトック)も若者の間で幅広く利用されている媒体の一つです。TikTokとは、中国発信のSNSで、短い動画を投稿することに特化しています。音楽に合わせてダンスする動画や動物、子供の癒し動画を投稿する人など幅広いジャンルの投稿が公開されています。15秒~60秒程度の短い動画なので、暇つぶしの鑑賞用としてのみに使用している人もいます。他のSNSにもシェアすることができ、拡散できればトレンド入りして一躍人気者になれる可能性もあるのは、リア充にとっては嬉しい機能ですね。

女性版2chのガールズちゃんねる(ガルちゃん)

女性しか利用できない名目のガールズちゃんねる(通称:ガルちゃん)という電子掲示板も存在します。あくまで女性限定とうたっているだけで、会員登録制ではなく匿名性のため男性が混ざっている可能性もあります。女性特有の悩みや独り言を簡単につぶやくことができる反面、誹謗中傷が多いのも現状です。また、芸能人の個人情報が流出するなど、規制の必要性がある部分も散見されます。

リア充のSNSの使い方

リア充はニックネームにこだわる!

リア充の友達は、LINEのニックネームを本名で登録する傾向にあるのか?「リア充はニックネームを本名で登録する?」にまとめました。

リア充はプロフィール画像にこだわる!

リア充の友達のLINEアイコンを眺めてみてください。いかにもリア充!という感じがしますよね。例えば複数の仲間と取った後ろ姿、キャンプしている様子などが、リア充あるある!リア充が使うプロフィール画像について、「LINEアイコンをリア充にしたがるのはなぜ?どういうアイコンがいい?モテる女子に聞いてみた」にまとめましたのでぜひご一読ください。

リア充は背景、ステメ、トプ画やLINEホーム画面にこだわる

LINEの友達一覧を眺めてみてください。パッと見たときに目立つのはリア充の友達でしょう。リア充みたいなLINEホーム画面、背景、ステメ、トプ画にしたい!と思うあなたは、「背景、ステメ、トプ画はここを押さえろ!「リア充」っぽいLINEホーム画面の構築方法」をどうぞ。

リア充画像素材おすすめサイト

リア充がよく使うLINEスタンプやペア画像などを「LINEスタンプやイラスト、ペア画像が充実したリア充画像の素材おすすめサイト!文字やライン、ロック画面やロゴに使える写真も多数!」にまとめました。

リア充は絵文字を多用する

リア充はとにかく絵文字を多用します。ただし、どのような絵文字でもいいわけではありません。
リア充がよく使う絵文字は「リア充は絵文字を多用!語彙力はいずこ?」にまとめました。

リア充は顔文字を多用する

リア充は絵文字だけでなく顔文字も多様します。
リア充がよく使う顔文字は「リア充は顔文字変換もお手の物!人気顔文字まとめ」にまとめました。

リア充アピール投稿に対する評判

リア充アピールとは

そもそも「リア充アピール」とは、どんなことを指すのでしょうか?例えば、SNSに「今日は友達とバーベキューをしてきました!」や「おいしい物食べた!」などと、自分の充実した日々をアピールすることをいいます。たまにであれば、「微笑ましい」や「羨ましい」という感情で受け流せますが、毎日のようにそういった投稿が流れてくると見ている側としては「鬱陶しい」や「うんざりする」というネガティブな意見も沸いてきてしまいます。

リア充アピールのポジティブな意見

ポジティブな意見では、「自己表現のためのツールだから、良いと思う。」「自分のブランディングになるのでは?」といった声もあります。そのような意見をもらえる投稿の特徴としては、「見ている人に元気や勇気を与えられるもの」である必要があります。例えば、企業の販売促進のための投稿のように、「こんな素敵な場所がありますよ」や「こんなに美味しいお店がこんなところにあります」というような投稿にするのが良いでしょう。

好感度の上がる投稿について、「こんなリア充アピールはモテないかも!好感度の上がる投稿ってどんんなもの?」にまとめました。

リア充アピールのネガティブな意見

「私はこんなに幸せです!」「あなたより充実してますよ!」というような明らかに相手を見下すような投稿をしている人がいますが、そういった人のSNSはネガティブな感情を持たれてしまったフォロワーからブロックされてしまうことも。

投稿がうざいときにミュートする方法は「リア充のインスタやフェイスブック投稿がうざい!ミュート機能を使って投稿を見ないで済む方法まとめ」にて詳しく説明しています。

また、グループラインを後腐れなく退出する方法は「リア充がグループラインで暴れていて辛い!後腐れなく退室する方法」にて詳しく説明していますのでご覧ください。

SNSのリア充自慢にイライラしない方法については「30代女性をはじめSNSのリア充アピールがすごくない?ウザいときの対処法」にて解説しています。

リア充は嫉妬される

リア充は嫉妬されることがママあります。「リア充爆発しろ!」と茶化されることも多々あります。そんなときに切り返す方法は「リア充爆発しろ!には爆弾を投げ返す威力がある返し方があった!その言葉とは?」にまとめました。

好きな人から「リア充は敵だ!」とLINEが来ることもあるでしょう。そんなときの対処法も「好きな人が「リア充は敵」と言ってきた時の、おすすめの返信とは?」にまとめました。

偽リア充もいる

Yahoo!知恵袋には、「リア充に見える写真をSNSに投稿している人って本当にリア充なの?」とリア充の本当の意味を問う質問も寄せられています。ニセリア充もいますし、何を目的としてキラキラした投稿をしているのか非リア充からしてみると理解しかねる点がありますよね。フォロワーに嫌われたくないのであれば、投稿内容には十分注意しましょう。

偽リア充については「SNSで「偽物リア充」を演じる人の心理や見分け方【偽装リア充から本当のリア充になる方法とは?】」にて詳しく解説しています。
すでにリア充を演じている人で辛い方は対処法を「リア充のSNS、病んでるし自分も病むからもうやめたい…。ネガティブなSNSはミュートで見ないようにしよう!」にまとめています。

まとめ

現在世の中には様々なSNSがありますが、一歩使い方を間違えてしまうと、閲覧者に不快感を与えかねません。「他人の意見なんて関係ない!とにかくリア充アピールしたい!」というのであれば、自由に投稿しても構いません。

しかし、「見る人に喜びや楽しさ、為になる情報を届けたい!」というのであれば、自分の投稿で相手がどう思うか考えてから発信するようにすると良いです。上手なsnsとの付き合い方を学びましょう。

最後に:リア充になって人生を楽しもう

リア充になって人生を楽しみましょう!

女性であれば、まずは占い師に相談する

女性であれば、占い師に相談するのが手っ取り早いです。

ココナラ電話占い

男性であれば、年収を上げよう

男性のモテで一番重要なのは、年収を上げることです。おすすめはJAC Recruitment一択!

JACリクルートメント

男女とも、マッチングアプリを活用しよう

男女ともマッチングアプリを活用しましょう!一番重要なのは、なんといってもプロフィール画像!
画像はプロに撮影してもらいましょう。

友達が少ないなら、彼氏・彼女レンタルで直に相談するのがおすすめ

何事も上達にはプロに教わり、場数をこなすこと!
レンタル彼女 patoの登録はこちらから。
レンタル彼氏 patoの登録はこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次