\ 最大10%ポイントアップ! /

うざいリア充アピールでマウントを取りたがるリア充は嫌われる

目次

リア充アピールをうざいと感じる理由

リア充アピールがうざいと感じるのは、アピールの仕方に原因があります。
リア充の心理としては、自分の幸せなところや充実しているところをアピールしたいという気持ちがあります。
その気持ちがエスカレートして煽りすぎてしまい、うざいマウントを取ることがあるのです。
LINEのステメやInstagramのストーリーでも、リア充アピールを感じるものがあります。
近況報告をわざわざステメに載せていることが、自分の話題に触れてほしいというアピールであり、リア充であることを自慢したいという心理が働いています。
またメッセージを読んだ人に、リア充であることを自分で言うのではなく、相手から言わせるような話の匂わせかたをします。
そのため、ステメやストーリーの内容に触れ、会話のきっかけにすると、リア充との会話は弾みます。
話しかけにくいと感じているリア充にも、そういった心理を考えて話題にすると、喜ぶことが分かっているので話しかけやすいです。

またリア充を自慢するためにお金もないのにスタバに通い、続かないお金を費やす人がいます。
これを「スタバ貧乏」と言います。
努力は素晴らしいですが、そこまでしてリア充アピールしたいのかということに気が付かれたときに、うざいマウントが取られます。
またリア充アピールの中で、自分で努力して手に入れたものでないことで、リア充をアピールしている人がいます。
自分の努力ではなく、人のお金で充実した暮らしをしていることをアピールしても、これも見ている人からは共感を得にくいです。
あまり現実的ではないリア充アピールは、うそくさくてうざいと感じます。
また、太っていないのに痩せたアピールもうざいです。
努力して痩せたことを匂わせても、もともとそんなに太っていないのに、自分のスタイルを自慢しているように見られることもあります。

うざいリア充アピールへの対処法

こういったうざいリア充アピールを、つい見てしまい落ち込んでしまう事があります。
それは、うざいと感じるリア充な状態を、自分がうらやましいと嫉妬するところにあります。
そのためリア充に嫉妬しなくなるような状態を作ることが、対処法になります。
手っ取り早いのは、リア充な投稿や話題に触れないようにすることです。リア充アピールの多い友人のSNSを非表示にしたり、LINE通知をオフにしたりと、相手に気が付かれないように避けるのも方法です。

直接話をする場面では、相手の気が済むように相槌を打って、適当に話を聞き流すといいです。
相手も満足するし関係性を壊すことなく、聞く側のストレスも少なく済みます。
また嫉妬心がわくのは、相手に対抗心を持っているからだとも考えられます。
自分は自分で人とは違う、と相手に張り合わずに意識をし過ぎないことも大切です。
そんな中でも一番の対処法は、自分がリア充になることです。

自分がリア充になれば嫉妬心もわかずに、うらやむことはないでしょう。
しかし、それには自分がなぜリア充でないのか、その原因を追究する必要があります。
恋人が出来ないのはなぜか、友人が少ないのはなぜか、人のせいにしてばかりではリア充にはなれないのです。
もともとリア充とは、「リアルな生活が充実している人」です。
相手に張り合って、同じ物を持ったり、同じ状態になっても、自分が充実感を得なければリア充な人に対する嫉妬心が消えるとは言いにくいです。
友人が多くなくても、その友人との時間に満足出来たら、交友関係は充実していると感じられます。
ひがんだ目で人のことを見ていることがネガディブで、リア充から遠のくばかりです。
小さなことからでいいので、自分が充実感を持ち、ポジティブに周囲とコミュニケーションを取ることで、リア充をうらやましがる劣等感から解放されましょう。

リア充疲れとは

2016年に株式会社タイムカレントが20代から40代で、スマホを持っていてFacebookを利用し、仕事を持っている人を対象にして、「リア充盛り」や「リア充疲れ」に関するアンケートの実態調査が行われました (参考: Vol.17 「リア充疲れ」に関する調査レポート | 総合PR・デジタルマーケティングのタイムカレント)。


その結果、自分のSNSへの依存や、他人のリア充投稿にストレスを感じて疲れる、もしくはやめたいと思ったことがある人が43.7%で、その理由の第一位が、他人のリア充投稿にうんざりするといった結果が出ています。
その後、野村総合研究所が2022年に行った「インターネットによる情報収集」では、情報収集が検索エンジンから、SNSが主流になっていることが明らかになっています (参考: Z世代の“SNS疲れ”から生まれる一人行動ニーズ | 生活者動向 | レポート | 野村総合研究所(NRI))。
その中で最もSNSの依存度が高い15歳から25歳のZ世代(本調査による)の中でも、SNS疲れを起こしているといった回答が半数以上あることがわかりました。自分が投稿したものに対するものだけではなく、リア充アピールを見て自分とリア充を比べて落ち込んでしまうといった回答もあるようです。
SNSの世界だけで充実感を得ようとせずに、本当のリア充になれるように、周囲の生活環境を見直すといいでしょう。また、SNSを活用しようとするのであれば、本物のリア充を見抜く目を持つことも大切です。SNSの情報がすべて本当だと信じてしまうのも危険です。
また偽物の情報に嫉妬して、対抗心を燃やし無理なリア充を自分が演じることになるのも、周囲にとってはいい迷惑です。

うざいと思われない?リア充オタクとは

オタクといえば好きなことに夢中になるあまり、自分の身なりに気を遣うことなく服装がダサい等のイメージがありました。しかしリア充オタクの存在で、オタクのイメージもカジュアル化して、すっかり明るくなりました。そもそもオタクは、自分の好きな物や趣味に極端にのめりこむ人のことを言います。ただ、そこに満足感を得られていることが充実している証なので、まさにオタクはある意味リア充であると言えます。
しかし、リア充オタクはファッションにも気を遣うのでダサくないです。ちょうどよく趣味にも自分にもお金を掛けられるのが、リア充オタクなのだといえます。またオタク部分で、自分の好きなことをアピールして、共有できる友人が多く、好きなことに没頭して、満足しているので気持ちに余裕があるので、ポジティブでフレンドリーな人が多いです。リア充だけではない要素が入ることで、好きな事アピールもうざいと感じることがありません。
推しのキャラクターのグッズを購入したことを自慢したとしても、周囲からうらやましがられても、オタクの共感できる部分で、リア充アピールなのにうざいと感じません。推しのイベントに、たくさんの友人と楽しんでいる投稿をSNSにしたとしても、オタク間では盛り上がります。
まさに、リア充とオタクの相乗効果で、うざいマウントを取らないですむリア充アピールが出来ています。

うざくない本物のリア充の見分け方

うざいリア充アピールをする人の生態はわかりましたが、本物のリア充な人はどういった投稿をしているのでしょうか。そもそも本当にリア充な人はそんなに頻繁にSNSに投稿するようなことはありません。近況を知らせたい場合は、直接連絡が取れるのでわざわざSNSを使う必要がないのも事実です。そして、周囲から反感を買うようなアピールは避けます。
ネットへの情報漏洩の怖さも理解しているので、恋人や家族のことも気軽に載せることはありません。リアルな生活がネットによって脅かされる事の無いように気遣い、コメント用のアカウントを準備しておくなどの注意も怠っていないでしょう。

リア充の生態をもっと詳しく知りたい方は、「【2022年最新】リア充の生態が明らかに!生態・特徴まとめ」という記事にまとめたので、ぜひご覧ください。

最後に:リア充になって人生を楽しもう

リア充になって人生を楽しみましょう!

女性であれば、まずは占い師に相談する

女性であれば、占い師に相談するのが手っ取り早いです。

ココナラ電話占い

男性であれば、年収を上げよう

男性のモテで一番重要なのは、年収を上げることです。おすすめはJAC Recruitment一択!

JACリクルートメント

男女とも、マッチングアプリを活用しよう

男女ともマッチングアプリを活用しましょう!一番重要なのは、なんといってもプロフィール画像!
画像はプロに撮影してもらいましょう。

友達が少ないなら、彼氏・彼女レンタルで直に相談するのがおすすめ

何事も上達にはプロに教わり、場数をこなすこと!
レンタル彼女 patoの登録はこちらから。
レンタル彼氏 patoの登録はこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次