\ 最大10%ポイントアップ! /

リア充カップルのありがちな喧嘩とは?どうやって仲直りすればいい?

クリスマスやバレンタインデーなど、カップル向けのイベントが増える季節は、道行くリア充なカップルが羨ましくなりますよね。プレゼントの交換をしたり、おしゃれをしてデートをしたり、リア充ライフを満喫できてとても楽しそうです。そんなリア充なカップルでも、つい喧嘩をしてしまうことがあります。

恋愛は良いことばかりではなく、喧嘩をすることで互いに傷つけてしまうこともあります。最悪の場合、別れてしまうこともありますが、喧嘩をした時の仲直りの方法を覚えておけば大丈夫です。では、リア充なカップルはいったいどのような理由で喧嘩をしてしまうのでしょうか。またリア充なカップルはどのように仲直りをしているのでしょうか。

目次

恋人を束縛する人もいる

リア充な男性や女性を恋人にした場合、ついつい嫉妬してしまうものです。リア充な人は、交友関係が広く、飲み会や遊びの予定がたくさん入っているということが珍しくありません。恋人である自分が置いてけぼりにされているような、ネガティブな感覚を抱いてしまうこともあります。また、性格が明るかったり、話すのが上手だったりすると、周りに自然と人が集まります。その分、異性との出会いも多くなります。

そうなると、他の異性に目移りしてしまうのではないか、他の異性と親しくなって捨てられてしまうのではないか、できるだけ恋人が誰と何をしているのか把握していたいという焦りや不安が生まれます。このような自分が傷つくような最悪な状態を避けるために、恋人を束縛してしまう人もいます。束縛の例としては、自分との予定を常に優先させて友達との予定を入れないように忠告をする、異性がいる飲み会に行くことを禁止する、予定をすべて共有させるといったことが挙げられます。禁止まではいかずとも、あからさまに不機嫌になることも束縛の一つです。

必要以上にマメに連絡してくる人にも要注意

また、必要以上にマメに連絡をしてくる恋人にも注意をした方が良いでしょう。自分のことを気にかけてくれているという安心感を抱きますが、誰といるのか何をしているのかということを常に把握していたいという、束縛予備軍の可能性があります。

会わない日の予定を詳細に聞き出そうとする人も、自分に興味があるという明るい理由ではなく、自分以外の人と会っているのが不愉快というネガティブな理由が根底にあることもあります。嫉妬や束縛をしてしまう人にとっては、相手が自分の思い通りにならないことや相手を信頼しきれないことが喧嘩の原因になります。逆に嫉妬や束縛をされてしまう人にとっては相手が自分の自由を奪っているという窮屈な感覚、交友関係に口出しをしてくるうざったさ、相手に信頼されていないことがストレスとなり、喧嘩の原因になってしまいます。

仲直りするためには、嫌だったことを教え合う

では、仲直りをするためにはどうしたらよいのでしょうか。嫉妬や束縛をしてしまっている人は、なぜそうしてしまうのか考えてみましょう。恋人が可愛くて他の異性に奪われてしまうと嫌だから、自分に自信がなくて恋人が離れてしまうのではないかと不安だから、大好きだから毎日一緒にいてほしいなど、人によって理由は様々でしょう。その後で、相手の反応を聞いてみましょう。

愛されている実感を抱いてまんざらでもない人もいるかもしれませんが、多くの場合、必要以上に生活に干渉されると窮屈で嫌な思いをするものです。具体的にどのようなタイミングで何を言われた時が嫌だったか聞いてみて、それを改めるようにしましょう。

嫉妬や束縛を受けている人は、まず相手にされて嫌だったことをやんわりと伝えましょう。嫉妬や束縛をしている意識がない人もいる可能性があるためです。いきなりダイレクトに不満を言うと、相手を驚かせてしまうため、知り合いの円満カップルの例を出して、自分の思う理想のカップル像を伝えてみるのもいいでしょう。特に束縛の場合、相手が自分のことを好きでなくなってしまうこと、別れてしまうことが怖いため、行動がエスカレートしている可能性もあります。

相手が自分にとって大切な存在で、信頼しているということを伝え、安心してもらうことも重要です。

価値観の違いから喧嘩に発展

浮気の基準の相違

考え方の違いや文化の違いから喧嘩につながってしまうこともあります。例えば、異性の友達と2人で食事に行くことを当たり前と思う人もいれば、浮気だと思う人もいます。このような了解が取れていないと、前述したような嫉妬や束縛につながってしまうこともあります。

恋人と友達の優先順位

友達と恋人のどちらを優先させるかということも、人によって異なります。友達との予定を最優先させることが今まで当たり前だった人にとっては、恋人との予定を優先させなかったからといって好きではないとか愛していないということにはなりません。

これまでの恋愛経験からのすれ違い

さらに、これまでの恋愛経験から、気持ちのすれ違いが生じてしまうこともあります。複数人と付き合ったことがある人にとっては気にならないことでも、恋愛経験が浅い人にとっては気になってしまうこともあります。このように、交友関係の在り方や、恋愛に関する考え方や感じ方など、価値観は人それぞれです。

趣味や好みの相違

さらに、趣味や好みもカップル間で違うことがあります。お互いの違うところを認めて、良いところとして尊敬できれば良いのですが、喧嘩の原因になってしまうこともあります。例えば、アウトドア派の人とインドア派の人が、いつもどちらかに合わせていたとしたら、ストレスが溜まってしまうでしょう。

体調・体質の問題

体調や体質の問題もあります。飛行機に乗ることが大の苦手という恋人を、旅行の度に小型機に乗せていては精神的に疲弊してしまいます。お互いのバランスを取りながら、譲り合って過ごせている内は平和ですが、疲れが溜まって、イライラしていたり、ちょっとした我慢が積み重なって爆発してしまうと大喧嘩になってしまいます。

仲直りするには、すぐに謝ることも大事

仲直りするにはどうしたらいいでしょうか。仲直り以前に喧嘩を防ぐためには、日常的に気になることがあったら言い方を工夫して伝えてみると良いでしょう。外で遊ぶよりも家でまったり映画を見ることも好きだとか、交通手段はできるだけ飛行機よりも陸路だと嬉しいとか、自分がどのように感じるかを伝えながら、要望を伝えてみましょう。

喧嘩をしてしまった後は、相手の人格を否定するようなことを言ってしまった場合はすぐに謝りましょう。そして、原因について、自分にも非があることを認めましょう。変えられないことであれば受け入れて相手に寄り添うことも大切です。例として、恋人が親と異様に仲が良く、マザコン・ファザコンのようになっているとします。直接、気持ちが悪いとか止めてほしいなどと伝えると、相手の価値観やこれまでの生活を否定することになってしまいます。このような場合は、相手が変わることを望むというよりも、違うように解釈をして納得できるようにした方が早いと言えるでしょう。

家族思いの優しい人だと思えば、将来的に自分と家庭を築くことになった時にも、良き伴侶、協力的な家族の一員として自分の味方になってくれると明るい想像ができるでしょう。このように、相手をコントロールすることよりも、自分の物事の捉え方を変える方がずっと簡単で早く問題が解決します。

リア充なカップルがお互いを尊重し、よく理解し合うためにも、喧嘩は良いきっかけになるかもしれません。言い合いをしてすぐに別れてしまうのは、あまりにもあっけなくて悲しいですよね。仲直りのポイントを押さえて、すぐに関係を修復するようにしましょう。

関連する記事として、リア充の恋愛エピソード~中学生あるあるからのろけ話コピペまで一挙網羅! – リア充.com もどうぞご一読ください。

最後に:リア充になって人生を楽しもう

リア充になって人生を楽しみましょう!

女性であれば、まずは占い師に相談する

女性であれば、占い師に相談するのが手っ取り早いです。

ココナラ電話占い

男性であれば、年収を上げよう

男性のモテで一番重要なのは、年収を上げることです。おすすめはJAC Recruitment一択!

JACリクルートメント

男女とも、マッチングアプリを活用しよう

男女ともマッチングアプリを活用しましょう!一番重要なのは、なんといってもプロフィール画像!
画像はプロに撮影してもらいましょう。

友達が少ないなら、彼氏・彼女レンタルで直に相談するのがおすすめ

何事も上達にはプロに教わり、場数をこなすこと!
レンタル彼女 patoの登録はこちらから。
レンタル彼氏 patoの登録はこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次