\ ポイント最大11倍! /

ラインだけでモテる奴になれる?中学生にもおすすめしたい会話術

目次

LINE通知は公式のみ!ここから脱却できる10個のライン会話術

ラインIDは持っているけれど、友達の数は数人程度、LINEグループなんて入っていないという非リア男子も少なくありません。カレカノの仲になるか否かはさておき、女子のラインとつながることは、非リア男子として夢のような出来事となるでしょう。女子とラインでつながりたい!ちょっといい感じになってみたい!という場合はどうすべきでしょうか。注意すべきポイントも含めてまとめます。

相手の名前の送信はマスト

女性とラインIDを交換すると、何度かメッセージのやり取りをすることがあります。その時は、相手の名前を呼ぶことを意識しましょう。LINEの場合、表示される名前を本名ではなくハンドルネームで登録しているユーザーも見受けられます。このような場合でも本名もしくはニックネームで呼んであげましょう。「あさみっち、おはよ~!」というように、普段呼ばれている名称を使うと、身近な存在として男性を認識しやすくなります。

ここで注意したいのは「公式ニックネーム以外は使用不可」ということ。例として「あさみっち」が公式ニックネームで、本名が「あさみ」だった場合、ラインで使えるのは「あさみっち」もしくは「あさみちゃん」だけです。文字の上だけのことでも、男性から「あさみちん」や「あさちゃん」と崩して呼ばれることに恐怖を感じる人もいます。また、ちゃんづけよりも、慣れていない間柄ならば「あさみさん」と呼びましょう。

相手の返信の文字の長さや送信感覚に合わせる

理解しがたいという声もありますが、返信は相手のペースに合わせることも大切なポイントです。即レスせずに3分後に返ってくる場合は、自分も3分後に送信する。相手のトーク文字数がワンセンテンスだけならば、自分もワンセンテンスだけで返信するといった具合です。
相手のペースに合わせていたら、返信を忘れてしまいそう!というケースもあるでしょう。また相手のレスが3分後に届いたといっても、電波の都合で自分のスマホが受信できない状況にあったということも考えられます。相手はなるはやで返信が来るのを待っているかもしれません。スマホ入力に慣れておらず、フリック入力の練習中で遅くなったなどそれぞれの理由はありますよね。1時間以上返信がない場合は「会話に興味がない」が8割で、既読スルーや未読ブロックの可能性へつながります。
送信時間はもとより文字数を合わせる程度でよいでしょう。

常に前向きな言葉で

コミュニケーション術の一つで、自虐に走ることで相手の関心を惹く方法もあります。実は、非リア充の多くが自らを自虐する傾向にあるようです。相手に優越感を与えるほか、相手を笑わせることもできるのですが、これは話のつかみを作るのは考え物です。
自虐が続くと、相手の女性が「重たい」と感じるようになり、非リアとリア充の温度差がより明確になってしまいます。また、女性が相手を貶めることで優越感を得るタイプの陽キャだとすれば、非リア男性の自虐LINEは拡散されていくことになるでしょう。自分のあずかり知れないところで、自虐キャラが根付いてしまうかもしれません。
ラインのメッセージは自虐や後ろ向きな言葉よりも、前向きな内容でまとめましょう。女性が「そんなことないよ!一緒に頑張ろう!」とマイナスな言葉にフォローを入れてくれるのははじめのうちだけです。

相手の返信で終了しよう

ラインの返信をしないことで、相手に忘れられてしまうかも?といった不安もありますが、話を終えるときは相手の返信で終了させましょう。これは相手に気を使わせないための配慮です。「返信をしなきゃ悪いかな?」と思う女性が多く、お互いがこのままだといつまでたってもラインの会話が終わりません。「じゃあ、またね!」など締めくくりのメッセージやスタンプの着信があった場合は、ここで終わりにしてあげましょう。

それでも、相手の返信で終わらせるのは気持ち的に落ち着かない、相手は返信を待っているかもしれないと思うこともあるでしょう。そんなときに使ってほしいのが、リアクション機能です。当該メッセージやスタンプを長押しすると、転送やリプライの機能を記したフィールド枠のほか、小さな顔文字が出現します。この顔文字を選択しタップすると、メッセージなどのわきに小さな顔文字スタンプが付きます。これがリアクションです。
相手へ「見たよ!」や「いいね」といった気持ちが伝わります。スタンプとは異なるので、返信しなきゃいけないかな?と気持ちがはやることもありません。

LINEで距離を詰めるのは間違い!

LINEで会話がうまくいくようになれば、「距離が縮まった」と勘違いしてしまいます。誤解してほしくないのが「LINEは文字上だけの付き合い」であることです。言葉一つとっても、イントネーションが異なれば意味が変わることがあります。しかし、LINEではそれがありません。勘違いしたまま会話が進んでしまう可能性もあるので注意が必要です。

また、勝手に距離を詰めることも避けましょう。リアルで交流がある人でも同様です。距離を詰める行為で分かりやすいのが、【相手を呼び捨てにする】【「~っしょ?」「~っすね」など、語尾をリア充系に変えてみる】【スタンプや絵文字を使いすぎる】ことが挙げられます。
普段の話し言葉と異なる表現を多用すれば、女性側も「どちらが本来の相手なのかわからない」と困惑します。また、女性以上に絵文字やスタンプを多用すれば、ラインに慣れすぎている、自分以外にも交流している女性がいるだろうと邪推される結果を招きます。これでは本末転倒です。背伸びせずに、メッセージのやり取りを行いましょう。

相手の興味関心は必ずググろう

女性とのコミュニケーションを深めたい場合、話題の引き出しが多いことは一番の武器となります。しかし非リアだからキラキラな話題に苦手意識を感じることもあるでしょう。非リア充にも武器があります。それは「検索」です。自分が興味関心を持ったことについてネット検索が得意ではありませんか?情報をだれよりも多く持つことを生きがいとしている人もいることでしょう。これは相手とのコミュニケーションに応用できます!
女性がスイーツや映画、スポーツなど興味関心を持つことがあれば検索を行い、知識を仕入れることで話が続かないトラブルは防げます。また、アンテナを張り巡らせれば「近くにカフェができる、一緒に出掛けませんか?」というようにデートの約束を取り付けることもできるでしょう。
ただし、非リアの本性は隠してください。調べたことを自慢するように話をするのは禁物です。

男友達とのノリはNG

非リアでも男友達同士でのラインの会話をすることがあるでしょう。男性同士だと気兼ねない会話もできるでしょう。しかし、このノリで女性とLINEで会話はできるとは限りません。中学生のラインなどにありがちですが、相手の気を惹こうと送信したネタが女性にも通じるとは限りません。ノリを変えずにトークを続けると、途中でブロックされる可能性があるので注意が必要です。

スタンプばかりをどんどん投下したり、内輪ネタでしか通じないようなトークを繰り広げることは避けましょう。ツイッターなどで主流となっているアニメや漫画の一コマを切り取ったものや、女性のみが被写体となった画像の送信も避けてください。女性は、あなたのデリカシーを疑うでしょう。

LINE通話で親密度を上げよう

ある程度ラインやリアル社会でのやり取りができるようになった相手に対しては、LINE通話で会話することも一案です。電話の声は相手に安心感を与えることも可能です。もちろん、自分自身も癒されますよね。ただし、頻度が高い電話やライン通話は「カレカノ」の関係になってから。友達の段階では本当に伝えたい情報がある場合や、お互いに暇を感じているときのみにとどめましょう。
LINE通話のメリットは「通話料がかからない」といった点もそうですが、通話のタイミングを探れるところも大きなポイントになります。
既読が付いたタイミングは「スマホを触っている」時間です。また、女性からのメッセージをチェックできる余裕もうかがえます。このタイミングで「電話してもいいかな?」とメッセージを送れば、相手の都合を気にしていることも伝えられます。

禁句ワードは「今何してる?」

LINEのやり取りで、男性が一番してはいけないのが「今何してる?」と問いかけることです。ラインの会話術の中で「相手に質問を投げかけて返信を促す」といった方法がありますが、「今何してる?」という質問は避けましょう。文字上のやり取りですし、相手が見えない場所にいるからこそ「何してる?」と質問したくなるのは自然の流れです。
でも、女性はそのタイミングではないかもしれません。お風呂上りだったり、トイレの中だったりすることもあるでしょう。あるいは男性とデート中かもしれません。女性はこういう時スルーをするスキルを持たないこともあります。嘘をついて「親と買い物中」などと取り繕う人も見られますが、嘘はつきたくない相手には回答に詰まってしまうこともあります。女性側の本音として、今何をしていたかを答えることで男性がよからぬ想像をするのでは?と邪推してしまうことが挙げられます。このような理由から相手が答えに窮するような質問は避けましょう。

注意!下心がバレた時点でブロックされる!

友情を装っても、男性と女性の1対1のラインのやり取りは親密化しやすくなります。もちろん二人だけのプライベートチャットなので、少々踏み込んだ話もしやすいでしょう。ここで気を付けたいのは、「仲良くなりたい女性に対して下心を悟られないようにすること」です。あくまでも性別関係なしの友達同士、下心があることはひた隠しにしてください。ちょっとでも下心がバレた時点でブロックされると思ったほうがよいでしょう。女性はブロックをすることに抵抗感はありません。
例えば「会いたいな」や「さみしいな」という話題は、カレカノの間柄に至らない人に使うことはNGです。「会いたいな」よりは、「遊びに行こうよ」のほうが安心感を与えられます。

女性が好感を持つ男性アカウントの特徴

女性が好感を持つ男性アカウントには特徴があります。ブロックしたくない、ライン通知が来ると嬉しいと感じてもらえるように心がけましょう。

意図が読み取りやすく返信しやすい内容

LINEは文字のやり取りが中心です。文章によっては相手の意図がくみ取れないほか、勘違いしてしまうこともあるでしょう。わかりやすい言葉で返信しやすいメッセージを送れる人は、女性も安全牌だと感じやすいようです。
また文章も長すぎず、シンプルな内容で送信できることもポイントです。読み返すことなく理解するために1文40文字程度でまとめましょう。

畳みかけるように質問をしない

LINEで質問と回答といったキャッチボールで相手を知り、会話が長続きします。しかし、相手にとって根掘り葉掘り聞かれることに苦痛や恐怖を感じることもあるようです。「晩御飯何食べた?夜は何時に寝る?」というように矢継ぎ早に質問を浴びせかけることは避けましょう。相手も自分の質問コーナーを開設しているのではなく、対話を望んでいます
質問をすることも会話術の一つですが、好きでない相手に自分のことは教えたくないというのが本音です。女性が好意を持った相手には自分を知ってほしいため、聞かれてもいないことまで伝える傾向にあります。そのような間柄になるまで待つのも一案です。

自分ばかりが突っ走らず、話を引き出す内容

日常会話では「自分語り」が嫌われる傾向にあります。相手の言葉をさえぎってまで自分のことばかりを話し続けることや、相手の質問に答えないことも嫌われる傾向にあるでしょう。LINEの中でも同様です。相手が解読や返信に困るような長文のメールや、自分ばかりのことを一方的に送信するなど、キャッチボールになることが望まれるLINEのやり取りのペースを乱してしまうのはNGです。
LINEの会話では自分のことを伝えながらも相手の話を引き出すことを意識しましょう。
「自分は~なんだけど、○○ちゃんはどうかな?」というように、自分のことを伝えたうえで相手から答えを引き出すこともおすすめです。

ラインの返事が欲しい!そんなときの会話術

少しラインでのやり取りが続くようになってからは、「もう少し何気ない会話から話を続けたい」と思うこともあるでしょう。また、ちょっとだけ相手の温度感を探りたいというときにも使える会話術をまとめます。

独り言で共感を得る

「今日は疲れちゃった~。明日一日仕事を頑張れば週末!もうちょっと頑張るね、○○さんもおつかれ~」など、他愛ない一言で共感を得る方法もおすすめです。ラインでの会話が途切れ、数日経過したときに使えます。
ただし、突拍子もない独り言は警戒心を招く可能性も否めません。どんな返信を期待しているのか、あるいはトークルームを間違えて送信しているのかなど女性側にいらぬ心配を持たせてしまいます。また、女性側に今後の交流の意思がない場合は「送信の意図が分からない」とバッサリ切り捨てられることも。

少々リスキーな送信かもしれませんが、ある程度お互いを認識して、ラインのやり取りで理解が深まった時には有効な手段です。

質問を投げかけてみる

「こんばんは!日曜日、雪が降る予報だけど車のタイヤ交換のタイミングってどうしてる?」というように、何らかの質問を投げかけることで返信を促すことができます。タイヤの交換をしていないならば、交換作業手伝うよ?などと気軽にレスをすることもできるでしょう。車を持っていない、免許を持つ年齢以外ならば「雪が降る予報だけど、カイロって持ち歩く派?」などと他愛ない質問でもよいでしょう。カイロを持ち歩くといった情報だけでも、カイロのプレゼントなど気軽な贈り物へつなげることができます。
「質問には返さなければいけない」という気持ちを利用したものなので、あまり深い質問をラインで送信することは避けましょう。また、返信が欲しい、また会話がしたいといった気持ちからの行動となるので、不自然な内容での送信は避けるべきです。天気や時事ネタなどに絡めて「どう思う?どうする」といった気軽な内容にしてくださいね。

長文はNG!送信を分けてみよう

女性は「タイパ」を求めるうえ「フッ軽」といわれる人が多いです。「タイパ」とは「タイムパフォーマンス」の略で、かけた時間に対する満足度を指します。「フッ軽」は「フットワークが軽い」という言葉の略語で、思い立ったら迅速に行動することやスケジュールの組み立てが上手な人を指します。
タイパ重視でフッ軽な女性に、長文LINEを送るのはどうでしょうか。自分の気持ちや思いを伝えるためにまとまらない文章を送ってしまえば、そこでブロックの対象となってしまいます。「長文ウザい、気持ち悪い」と単純に長文であることを理由に即座に切られる可能性もあれば、男性が本当に伝えたいことなどの核心をつかみ取れないため、レスを避ける可能性もあるようです。

タイパ重視の人やリア充の女性はリアルタイムでの情報を常に追い求めています。トレンドにうまく乗っかるためです。だからこそ、ラインのメッセージは一目で見て理解できる文字数がおすすめです。長文になりそうだったら、1文ずつ分けて送信しましょう。
文字を打つのに時間がかかるから、分けて送信をしたくないという場合は、LINEの機能である「Keepメモ」を利用しましょう。あらかじめ、文章をKeepメモに打ち込み推敲したのち、女性に「転送」で送る方法です。転送した事実は相手に伝わらないので、できるだけ短時間に複数の文章を送信できます。ただし、通知が何度も届くと迷惑となりやすいので、複数送信は2つ程度にしてくださいね。

これって脈あり?女性のLINE返信見極めポイント

女性とのLINEのやり取りが続くようになったときに、明らかに「ハードルが下がっている」と感じることがあるでしょう。親密度のステージがワンランク上がった証拠です。ただし、安易な見極めで、距離が詰まっていると感じるのは時期尚早かもしれません。女性側も探りを入れているかもしれないことを念頭に入れてやり取りを続けましょう。女性からの返信で「脈ありかも?」と思える内容をいくつかピックアップします。

内容がないLINEが突然届く

返信が欲しいときに男性が使うテクニックと同様です。「おはよう、今日はあったかいね」というように呼びかけるようなメッセージが届くことがあります。これは「今、この時間を共有できる相手」を探している証拠です。即レスがつく相手とやり取りを行い、条件が合えば遊びに行きませんか?といった流れに進みやすいのが特徴です。
女性が「今、この時間を共有できる相手」を探すうえで、人選を進めたうえでメッセージを送っています。選ばれたということは、脈ありとみてもよいでしょう。
しかし、なかには「今日の予定に空きが出たので30分だけ付き合ってくれる人」というように女性の都合に合わせた扱いをされる可能性も覚えておきましょう。

既読がつくとすぐに通話通知が来る

ラインは、相手がメッセージを確認した時点で「既読」の文字が付きます。その時点で「今スマホを触っている、ライン音声通話やビデオ通話を受けてもらえる可能性が高い」といった認識も可能です。メッセージを確認したとたんにライン電話が鳴るということは「話をしたいことがある、声が聞きたい」といった気持ちの表れです。文字のやり取り以外で交流を求めたいというケースでは、もう少し親密な関係になりたいという気持ちを持っていると受け止めてよいでしょう。
ラインの場合、【ID交換<トーク<音声通話<ビデオ通話】といった図式で親密度が変わります。ラインの音声通話にまで発展したら、高確率で「友達や、それ以上の関係」と受け止めることができるでしょう。

コイバナに食いつく

「○○ちゃんみたいにいい子は、みんなほっとかないよ。オレの周りでは高評価だよ!」というように、わずかに恋愛要素を含めた話ができるようになってからの問題ですが、男性側から振ってきたコイバナを、慌てて打ち消してくるのはトーク相手に恋心がある可能性があります。また、問いかけられた質問に答えず「○○くんはどうなの?」というように逆質問された場合は、脈ありとみてよいでしょう。
ただし、ここで勢いづいてしまった結果の告白はご法度です。またトークの中で感情的な言葉を使うことも避けましょう。「脈あり」だといっても、釣りに例えれば「餌に食いついたばかりの魚」です。しっかり餌を飲み込んで針に引っかかるまでの時間、じっくり待つのが釣りの基本でしょう。タイミングを間違えれば「そんなつもりじゃないよ」と打ち消され、ブロックされる可能性も秘めています。脈ありだと感じても理性をもって接しましょう。

無料スタンプを使わなくなった

誰もが既視感を持っている無料スタンプを使うのは、「業務連絡や当たり障りない会話をする相手」に対することが多い傾向にあります。人気キャラやトレンドを重視したスタンプが多いのが無料配布スタンプの特徴ですが、無料スタンプであることがわかる商品ロゴなどがついていると興ざめしますよね。また、多様なラインスタンプがあるので、差別化を図り自分の個性を発揮させる人もいるでしょう。
無料スタンプを使わず、自分の名前入りスタンプや個性が光るスタンプを使うようになってきたら、信頼度が増した証拠です。試しに、男性側からちょっと面白いスタンプを送信してみましょう。ただし、偏ったキャラのスタンプは禁物です。お笑い芸人のスタンプを送信して、「↑俺の人生の師匠」というようにフォローを入れると、会話が弾むかもしれません。

返信は即!

女性が「付き合いを大事にしたい」を思う相手には、受信からレスまで時間を空けることはありません。もし受信に気づかなかった場合でも「ごめんごめん!○○しててスマホ見れなかった」などと必ず理由をつけてくれます。どうでもよい相手なら、既読スルーもしくは通知オフで未読スルーということもあるでしょう。
必ずレスを入れてくれるなら「LINEを切りたくない相手になった」と認識してよいでしょう。

LINEでデートに誘いたい!話の流れを徹底解説

ここからは、一番のかなめである「LINEでデートに誘う方法」です。リア充の仲間入りを果たしたいなら、ここの項目は必読!おさらいを含めしっかりと履修することが大切です。

単刀直入はNG

表現がストレートすぎると、女性の多くは「ドン引き」してしまいます。「デートしたい、会って話がしたい」という単刀直入型ではなく、「おいしいもの食べに行こうよ」「紅葉狩りって行ってみたいね」というようにデートを意識させない誘い方をしましょう。相手が「そうだね!」と同意したら「いいの?じゃあ、日曜は空いてる?」というように囲い込みをすると話がまとまりやすくなります。

好きなものの話から導入

何気ないトークから「俺、猫が好きなんだよね」というように、自分が好きなものを例示すると、相手から「私も好き」というような答えが返ってきやすくなります。猫がNGなら「そうなんだ」というようにそっけない返事となるでしょう。お互いに好きなものを共有できるようであれば、「猫カフェって行ってみたいんだけど、男子が入っていいのかな?」などデートへ持ち込む流れへ話を持っていけます。連れて行ってくれる?というように男性からお願いするのもいいですね。

約束を取り決めたら、できるだけ早めに返信!

デートの約束を取り付けたら、できるだけ早めに返信をしましょう。ここからは「囲い込み」が必要です。女性に逃げるための口実を与えないようにすることが大切です。しかし、強引に日時を決めてしまうのは考え物です。また、約束の日にちは1週間以内に入れることも一案です。10日以降後に約束の日を決めることで「フッ軽なリア充女子」は、別の予定を優先させてしまう可能性が高まります。
また、約束の日時の2日前にはリマインドを兼ねて「〇日にお会いできるの楽しみにしています!」とメッセージを送りましょう

誕生日などに割り込むのはNG!

脈ありな相手でもその確信がつかめない限りは、女性の誕生日や記念日にデートの約束を取り付けることはNGです。誕生日をお祝いしたいから時間が欲しいと思うことは自然な流れです。しかし女性としては自分が大切にしたい日は、大事な相手と共有したいと考えています。できるだけ、決定権は相手にゆだねましょう。もし誕生日に一緒にいてほしいというならば、女性側から「水曜日は私の誕生日なんだよね」というようにアプローチしてくれます。それを受けて、水曜日は空いているよと伝え誕生日デートへ持ち込むことをおすすめします。
これから仲良くなりたいと思う相手に対しては、細やかな気遣いが必要になることも覚えておきましょう。

社交辞令での返信もある

LINEでデートに誘いたい!と男性は思っていても、女性の心理はそんなに簡単ではありません。「単なる時間つぶしで会話をしたのに、なぜデートの約束を取り付けようとしている」「ラインだから付き合えるけど、リアルで会うのはちょっと…」というような気持ちを持っているかもしれません。逃げるための口実を与えないように「○曜日はどう?」といった具体的な例示をするのもテクニックの一つです。しかし「門限がある」「カルチャーセンターの予約がある」など、だれでも「口実」だとわかる返信が来る可能性があります。このように当たり障りがない断りが入れば、「じゃあ、暇な日があったら!」と、いったん引き下がりましょう

LINEの機能を駆使して楽しいトークをしよう

リア充を目指して女性とトークのやり取りをしたい、あわよくば彼女ゲットへつなげたいと思う男性が増えています。軽妙なトークができるよう会話術を磨いていきましょう。また、ラインの機能を覚えることで、即レスが簡単にできるようになるほか、コミュニケーションが円滑になる可能性も高まります。LINEは日々使いやすさの向上を目指してアップデートがなされています。

新しい使い方を覚え、女性とのトークに落とし込んでいくと仲良くなれる確率が高まります。一方的に話をもっていかないなどいくつかの注意事項を踏まえて、積極的にトークを楽しんでくださいね。

関連する記事として、リア充の恋愛エピソード~中学生あるあるからのろけ話コピペまで一挙網羅! – リア充.com もどうぞご一読ください。

最後に:リア充になって人生を楽しもう

リア充になって人生を楽しみましょう!

女性であれば、まずは占い師に相談する

女性であれば、占い師に相談するのが手っ取り早いです。

ココナラ電話占い

男性であれば、年収を上げよう

男性のモテで一番重要なのは、年収を上げることです。おすすめはJAC Recruitment一択!

JACリクルートメント

男女とも、マッチングアプリを活用しよう

男女ともマッチングアプリを活用しましょう!一番重要なのは、なんといってもプロフィール画像!
画像はプロに撮影してもらいましょう。

友達が少ないなら、彼氏・彼女レンタルで直に相談するのがおすすめ

何事も上達にはプロに教わり、場数をこなすこと!
レンタル彼女 patoの登録はこちらから。
レンタル彼氏 patoの登録はこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次