\ ポイント最大9倍! /

『ガンダム』のアムロ・レイのセリフから分かるリア充ぶり

長く愛され続けた人気アニメ『機動戦士ガンダム』の主人公、アムロ・レイ。彼は食べる事さえ忘れてしまう程、機械いじりが大好きな引きこもり少年でした。初めは関わる人間も少なく、友人もほぼ皆無な状態で、これを聞いただけで機械オタクの陰キャを想像してしまいますが、実はアムロは陽キャのリア充です。

では、アムロの残したセリフからそのリア充ぶりに迫ってみたいと思います。

目次

「2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」

これはガンダムを知らない人でも、耳にした事がある有名なセリフです。ダダをこねてガンダムに乗ろうとしないアムロが、上官であるブライト・ノアに殴られ、口論になるシーンでのセリフです。ここで分かるのは、アムロは父親から一度もぶたれたことがないという事です。

アムロは心から父親を信頼し、甘やかされて自由に育ってきました。その為、上官であるブライトに対しても面と向かって口答えをします。しかも、褒められて育った為、自己肯定感が高く、ポジティブです。

「ぼくが一番ガンダムをうまく使えるんだ…」

自分に自信があるアムロは、自分の能力を驕り、指示を無視するという自分勝手な行動をしてしまいます。その為ガンダムから降ろされそうになったことで、発したセリフです。自惚れが強く、降ろされそうになってもこの物言いです。しかし、自分に自信があるのは良くも悪くも、ポジティブであると言えます。

「しっかりしろ! 君は強い女の子じゃないか!」

ガンダムに乗る前から機械オタクで、機械をいじりはじめると、夢中になり周りが見えません。その為勿論友人らしい存在はいません。しかし夢中になるものがある為、それを苦にしている様子もありません

しかし自分の世話を焼いてくれる、フラウ・ボゥという可愛い女の子の友達がいます。可愛いガールフレンドがいるだけで、リア充に違いありません。このセリフは、家族を亡くし絶望に苛まれたフラウにアムロが頬を叩きながら言い放ったセリフです。

アムロは、父親にも殴られたことがないのに、他人の頬は殴れます。しかし、その後すぐガンダムに乗ることを決断します。決断力の早さや行動力は、陰キャでは無理です。

アムロは父の愛情に恵まれ、可愛い女の子には世話を焼いてもらい、自由奔放で自信家。自己肯定感が高く、ポジティブで行動力があります。例え機械オタクで、若干自己中で、友達が皆無でも、十分リア充と言えるのではないでしょうか。

リア充なモデルをより詳しく知りたい方は、「リア充のモデル(漫画キャラ、有名人など)まとめ」をどうぞ。

最後に:リア充になって人生を楽しもう

リア充になって人生を楽しみましょう!

女性であれば、まずは占い師に相談する

女性であれば、占い師に相談するのが手っ取り早いです。

ココナラ電話占い

男性であれば、年収を上げよう

男性のモテで一番重要なのは、年収を上げることです。おすすめはJAC Recruitment一択!

JACリクルートメント

男女とも、マッチングアプリを活用しよう

男女ともマッチングアプリを活用しましょう!一番重要なのは、なんといってもプロフィール画像!
画像はプロに撮影してもらいましょう。

友達が少ないなら、彼氏・彼女レンタルで直に相談するのがおすすめ

何事も上達にはプロに教わり、場数をこなすこと!
レンタル彼女 patoの登録はこちらから。
レンタル彼氏 patoの登録はこちらから。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次